スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| FC2 Blog Ranking

2009学生たちの声

亀岡祭 2009/11/18

2009年度亀岡祭参加学生の感想

・実際、山鉾を見て、大きさに驚いたりもした。紺屋町の一人の女性と昼ご飯を買いに行く途中にイスノキや子ども鉾のしまう場所などを聞いたり、イスノキがどうして武内山の鉾につけられるのかを聞いたりした。ノートに記入出来ずボイレコには収めさせて頂いた。

・今まで祭に参加するということがあまりありませんでした。実際に手伝いをさせてもらって、亀岡祭は町の人たちが一体となって作り上げているということを実感しました。手伝いとして役に立ってかは分かりませんが、私もそこに関わることができ、とても嬉しかったです。

・非常に貴重な経験をさせてもらいました。呉服町の歴史と文化を肌で感じるとともに、箱に書かれていた文字を読めなかったことからもっと勉強を頑張る必要性を感じました。本当にありがとうございました。

・難波山は学生の連携もとれており、各人が十二分に働けたと思う。山の方からは「来年も来て欲しい」とのこと、ありがたかった。

・お囃子の練習が難しかったけれど、練習していくうちに吹けるようになったし、とてもいい経験になった。だが本番当日に高熱を出し行けなかったのがとても残念だったので来年は出れるようにしたい。

・あまり聞き取りができなかったのが一番の反省点です。今回はあまり役に立てませんでしたが、来年は今年の経験を生かして、もっと効率よく立ち回りたいと思います。踏み抜いてしまいそうで登れなかった鉾の屋根に、来年までに重量を減らしてチャレンジしたいです。

・三輪山は私の住んでいる町であるということもあり、見かけた人がいました。しかしなかなか話しかけることもできずにあいさつくらいしかしたことがありませんでしたが、亀岡祭は町民であるということもあり、とても心地のよい活気にあふれた町ということが実感できました。皆とても山鉾のことを大切にしており、お囃子、亀岡祭のことが好きだと語っていただくことができました。

・山鉾の人たちはとても親切で、聞き取り調査もスムーズに出来た。組立ての役には立てなかったけど、また来年も参加したいと思いました。

・三日間祭というものに密着することは今までなかったことなので、町の方と協力して祭を無事終わらせることができてよかった。大学から参加して迷惑もかけることが多かったが、大学を通して、祭の発展を願うこと、また残そうとする思いが強くなり、より地域の方と一体になれたと思いました。

・蛭子山の方々には、たいへんご迷惑をおかけしましたが、とても良い経験になりました。

・お囃子のことで楽器の構成、名称、合い言葉などを詳しく教えてくださりありがとうございました。

・亀岡祭は予想していたよりも大規模で盛り上がる祭でした。所々気の利かない場面があり、迷惑をかけてしまうことあり、まだまだ完璧には程遠いですが、来年、再来年と成果を上げていけるよう下調べから積極的に取り組もうと思います。特に聞き取りする内容を丁寧に調べること、作業工程をスムーズに行えるよう確認の作業を大事にしたいと思います。

・八幡山は十七日に準備を始めました。毎年鉾長などが変わるようで、どこに何があるのわからず組み立てるのに時間がかかりましたが、その分、鉾の飾りや組み立ての工程をじっくりみることができ、とても勉強になりました。また、祭が始まり、提灯が飾られた八幡山の鉾は暗くなるにつれてぼんやりとした明かりに照らされて綺麗でした。巡行最終日には、鉾の中心の棒を立て、360度回転させました。立てる時の揺れや、回転させた時の迫力は思った以上でとても感動しました。

・私は今までこうした祭に参加したことはほとんどなく、人とコミュニケーションをとることも苦手でした。だからこそ、今回の亀岡祭で得た経験はとても有意義なもので、その経験を通して私は一歩成長することができたと思っています。  私たちを祭に参加させて下さった呉服町の方々と、いっしょに祭に参加した大学の先輩、同級生に今は感謝しています。

・亀岡祭、八幡山鉾に参加してみて、とてもよい経験になったと思う。鉾自体に触れることや、その装飾品に触れるということは普通ではできない貴重な体験となったのは言うまでもなく、その地域にすんでいてもできないかもしれない様々なことをさせてもらうことができ、歴史を聞いて調べることでフィールドワークの練習にもなり、さまざまなことが勉強になった。

・祭の舞台裏で手伝いをしたのは初めてで、いろんな祭具を見たりして楽しかったですけど、三輪山の人たちに迷惑をかけて申し訳ないと思っています。

・今回、亀岡祭の主役である山鉾を建てる所から参加することで、とても貴重な体験をすることができました。また、多くの質問や疑問も町の方々に親切に教えていただき、資料ももらうことができました。本当にありがとうございました。これらの体験や聞いたことをうまく他の人にも伝えたいと思います。

・初めての亀岡祭、翁山の一員として参加させて頂きました。勝手も分からず、右往左往の連続でしたが翁山の人たちの細かな気配りに支えられ、無事に終日をむかえることが出来ました。  心残りとしては、十分に役に立てたかどうか、という事です。何もせず、ただ立っているだけ、という場面が多く見られたことと思います。次回以後、また機会があるのなら、その時は是非コキ使ってやってもらいたいと思います。

・私は今までお祭には何かを作ったりするのはもちろん、見る方でも参加することが、ほとんどなかったため、鉾を立てたり、それを引いて歩いたり、売り子をしたりするなど、色々なことに全くなじみがなくて最初はとても大変でした。だけど、このお祭やお囃子の練習を通して子どもたちの縦の関係や、町内のつながりができることが大切だというお話を聞いたのを三日間で実感できたと思います。  今年はそういったお祭の重要さを少しはわかったように思いますが、聞き取りや調査が自分が思っているよりも難しく、上手くできなかったので、来年は今回不十分だったことを意識しながら、また参加できたらいいと思いました。

・長いような短いような三日間でした。忙しくてとてもゆっくりしている時間もありませんでしたが、私自身は見ているより参加する方が好きなので、有意義な時間を過ごすことができました。  鉾を引く、スタンプを押すなど、普段の生活の中にいてはとてもできない経験ばかりですごく楽しかったです。特に沖縄にいては絶対に出来なかった経験で、京都に来てるんだなあっていう気持ちになりました。  翁山の皆さんは親切な方々で、勉強しに来ているという事を頭に置いていて下さり、合間をぬって翁山に関する事や三宅町についてを教えて下さいました。翁山に来て良かったなあと思いました。ご迷惑ばかりおかけしましたが、もしまた来年もお手伝いさせて頂けるなら翁山に行きたいです。三日間ありがとうございました。

・地域にあんなにすばらしいお祭が残っている事が非常に羨ましく思いました。ぜひとも後世に伝えていってほしいです。

・歴史的な事に限らず、非常に多くの事を学ぶことができた。

・今まで知らなかった地域の歴史の奥深さや、当たり前のように過ごして来た日常の「祭」の裏にある様々な事情や活躍などが知れた。戦力としては不足だったろうが、参加させていただいてとても感謝している。

・今回の亀岡祭ではお囃子をやらせてもらうので楽しみな気持ちがある反面、ちゃんと吹けるようになるのかという不安の気持ちもありました。また、町の人たちと信頼関係を築けるのか、子どもたちと仲良くできるだろうか、とても緊張しながら最初の練習に行きました。しかし、いざ練習に行ってみると町の人たちはとても優しくしてくださるし、子どもたちとも仲良く遊ぶことができたと思います。しかし、なかなか笛が吹けるようになれず、とても苦労しながら練習をしていました。  亀岡祭では鉾に乗ってお囃子を吹く時はとても緊張しながら吹きました。鉾の高さは意外と高く、笛を吹く私は鉾の縁に座って吹くということだったので、鉾に登った時はかなり怖かったです。2日目、3日目では鉾をひくこともでき、10月1日からの練習を含め、今回の亀岡祭はとても楽しいものでした。
| FC2 Blog Ranking

2008亀岡祭に学生を受け入れた鉾町の方々からのアンケート回答

亀岡祭 2008/11/26

学生ボランティアは役にやった、役に立たなかった?

・学生によって違うが4人受け付けたが24日は2人しか出席せず25日はその内の1人が病気で欠席になってしまいました。しかし出席してくれた学生は役にたちました。
・3人の学生を受け入れたが1人は学園蔡に参加23日PM5:00で終了あと2人は戦力となり役に立った。
・役にたった。
・(1)若い学生が参加して頂き、周囲が明るくなり、大いに盛り上がりました。(2)役割分担も良く理解し積極的に取り組んでくれました。ありがとうございました。
・役に立ちました。助かりました。私の所は社会人学生さんを含む3人にお世話になりました。3人それぞれ積極的に取り組んでいたと思います。
・指示に従い役に立ちました。囃子、鉾飾り付けなど全日参加。
・ご協力いただき、大変助かりました。
・役に立った。
・役に立った。特に組立の時、荷物の積み下ろし。
・役に立った。

次回も学生ボランティアを受け入れたい、受け入れたくない?

・受け入れたいがやる気のある人を望みます。
・25日の山鉾巡行の鉾の曳き手にぜひ受け入れたい。本人にも伝えた。
・受け入れたい。
・来年も継続してお願いします。お世話になった3名が来年も応援、学習していただくことを希望します。
・受け入れたいと思います。
・今回の学生3名は次回も参加してもらいますが囃子方定員等の事情により次回新人受け入れは難しい。(囃子希望は難しい)
・今後も受け入れたく思います。
・受け入れたい。
・受け入れを希望します。
・役に立った。

次回はこのようにすれば、もっとよくなる

・活動内容の報告書に各自冶会印をもらうとか本人の活動を各鉾町に確認して頂く工夫をする。
・山鉾別に事前準備も含めたボランティアの必要な日時を要望として提示し、それに合う人がボランティアに参加してもらう。
・事前に歴史等知っておくと、もっと納得できたと思います。
・今回の経験から皆様のアイデアも提示していただくことが祭りが更に活性化すると考えます。各自がテーマをもって次回取組むこが歴史を学ぶ上でいい物になっていくと思います。
・学生へのオリエンテーションを十分にして下さい。
・難しいかと思いますが本年度と同じメンバーが次年度も参加していただければ有り難いのですが・・・。
・メンバーが同じ人であれば慣れが出るので組立にも手伝いが出来そう。

その他お気づきの点を自由に書いて下さい

・学生本人のモチベーションが上る様に取り組みの前に何を学習したいのか又その内容を学校と各鉾町に提出させる。
・一般のボランティアと違って気を使った。歴史民俗学科、本来の歴史文化の勉強に役立つたかどうか逆に参加した学生の意見が聞きたい。
・事前に割当て人数が分かれば、受入れも楽であった。
・ご苦労様でした。町内の方から、デジカメのチップと写真を受け取って下さい。よろしくお願いします。
・一言で言えばおとなしい方ですね。参加された皆さんのレポートを拝見したいと思います。
・市外の下宿者があり時間的余裕がなかった。
| FC2 Blog Ranking

2008亀岡祭に参加した学生たちの声

亀岡祭 2008/11/12


亀岡祭のお手伝いをさせていただいて、思ったことがある。そんなこと?と思われる方もいるかもしれないが、「近所の仲がいいな」ということ私はずっと思っていた。隣人の家族構成さえ知らない私にとっては、鉾町の方々が協力し合い祭に取り組んでいる姿が眩しく見えた。こういったものが後々まで残っていくことを切に願う。
難波山の人たちに「4年間お手伝い来てくれるよね?」的な事を言われ、4年全部行けるかどうかはわからないけれど、来年も絶対に難波山にお手伝いに行きたいし、難波山の方々と一緒に祭に参加したいので、難波山の方から指名してもらうように頼んできた。
正直最初は「だるいな」と思っていたけど、実際お手伝いしてみて、いままでこんな経験をしたことがなかったので今回参加できてよかったと思いました。


ひまな時はそこらへんを適当に見てましたが、どこを見ても羽衣山の人だけでなく道行く人達のほとんどが楽しそうに話をしていたり挨拶をしていました。近所とのコミュニケーションが少なくなった今の時代でこのような町内で何かをするというのはとても大切なんだなと思いました。
羽衣山の人は本当に気を遣ってくださって私たちが最初、何も出来なかったのをみて、色んな人が話しかけてくれてコミュニケーションを取ってくれたり、毎回お食事を出してもらって良くしてくれました。
大切な鉾に祀っていた米や酒を運ぶ時、ひっくり返ってしまった。私は顔面蒼白になり、謝ったのを覚えている。それから、調子が悪くなり、何もできなくなってしまった。バチが当ったのかもしれない。


最初は何を手伝っていいか分からずあたふたしていましたが、みなさんはほんとに親切で、丁寧に教えていただき、無事に鉾も組み上がりこの日の作業は終了しました。
そして、祭りが終わり他の山の人たちが鉾を片づけている中で浦島山は鉾を片づける建物がほかの所より小さいらしく何故かと質問してみたらただ単に業者の方が寸法の計算を間違えたらしく、浦島山の鉾だけ上の一部分を解体して入れるという作業をしました。この際、神様として上に乗っていた浦島太郎に触れることができていい経験をさせていただきました。


鉾の前に立つ2人の男達の掛け声を合図に鉾を引っ張って動かしましたが予想より重くて、Uターンする時は特に大変でしたが、この体験は大変貴重な滅多に経験できるものではないものとしてうれしかったです。
祭が始まり、綱を引っ張ったが前の日、腰を痛めたので辛かった。最終日は早く終わると聞いていたので痛いのを我慢して必死で頑張った。走り終えてからご飯を食べ、少し休憩したら三輪山をしまう作業が始まった。片付け終えたら、なんだか寂しかった。


なれない事でたいしてお役に立てなかったが亀岡祭を身近で体験でき、たいへん貴重な経験が出来たと思う。
私の班は一番早くに全員が揃い、私はこの二人と同じ班で良かったと思った。
昨日集会所に残っていた奴が二日酔いで倒れていた。二日酔いのやつは、昼までずっと寝ていた。
人が乗る所には和太鼓や鐘があり、特別に叩かせてもらいました。しかし、実際に演奏する時はリズムを合わせて、音を合わせ、一つの音になるようにしなくてはなりません。これが私達がやってみると全然音が合わず、これができる子供達には頭が下がります。


わたしは山鉾の黒の飾り木を拭くことになった。よく見ると飾り木は、指紋などで汚れており、光沢を失っていた状態であった。それを飾り木についた傷に注意しながら、ぐるりと一回り拭いていく羽目になったのは自分であった。確かに下から手を伸ばして、飾り木に手が届くのは自分くらいだったから、適任といえば適任であったし、自分も暇を持て余していたので、まあそれくらいだったらやってやるか、とも思っていたのでそれ快く引き受けたものだった。手が届くといっても、上の飾り木を拭くには爪先立ちしなければならないので、そこそこに疲れる作業ではあったが…
私はこの貴重な体験を忘れることがないと思います.そしてこれからもこのような祭が続いてほしいと思います。


25日、巡行の日に僕は体調を崩してしまい巡行に参加をすることが出来ませんでした。翁山のみなさんや、同じグループのM君には本当に申し訳ない事をしてしまったと思います。
帰り際に半被と帯、手ぬぐいを貸していただく。自宅から遠い私は、友人宅(無論、今日来ていたほうの友人である)に宿泊することになった。


地元の祭では、体験できない事をたくさんさせてもらったと思う。私たちが思っていた亀岡祭よりも幻想的で趣があり、なにより皆活気に満ちていたのがとても新鮮だった。
そして鉾が出発したのだが初日引いたときとは違い、人が少ないから引くのも重く、道が狭く電線等をよけながら行くという事もあって非常に冷や冷やしながら、その緊張感をも楽しみながら巡行できた。
それにしても、祭囃子はいい。遺伝子にプログラムされている日本人の血が歓喜の声をあげる。今ならば、鉾に乗り込む前に僕のことをおっさん呼ばわりしたあの蟻のような少年も許せる気がする。


はっきり言って毎年やっているのに手際が宜しくないなぁと失礼ながら思ってしまいました。提灯のコンセントが外れていたり、配る個数を間違えたりとありましたが、何とか配り終えました。
後日知ったことだが、出店と町はあまり関係なかったそう。他の町の子からの話からすると、私たちの町は放置されすぎだと思った。でもそのおかげでいろんな人と話が出来たのでよかったのかもしれない。ただ、私たちは初めてで全然わからなかったので、もう少しくらいやることを教えてもらいたかった。
この祭は地域だけの祭としては規模も大きく観光名所になれるだけの魅力があると思う。しかし、現段階では地域の祭の枠から少し出ただけで、もっとたくさんの観光客が来るような観光名所として成り立ってないと思う。それには若い人たちがしっかりと祭を受け継ぎ、新たな亀岡祭をつくることで祭は観光として有名になるのではないかと思う。また、祇園祭にはない亀岡独自の魅力をはっきりすることで観光客がもっとたくさん訪れると思う。そして来年もしっかりと大学と地域がかかわることで、今までなかった新たなものができるのではないかと思う。


練習はとても大変だったが笛が吹けるようになれてよかったと思う。女性ではじめてお囃子として鉾に乗れてとても貴重な体験だったと思う。祭に参加することによって地元の人との交流や地域を知ることが出来たと思う。
鉾が道路までひっぱりだされる。この時は巡行中より神経をつかっていると思う。建物や壁にかすらないか、引き手はとても慎重だ。これだけ大そうな組み立てをして大そうな重さの物をひっぱりまわるのだから人手はいつも欲しいだろうなと思う。
片付けも終わり、挨拶をして帰ろうかと思ったら、「来年は即戦力やね」と確定済みでした。
| FC2 Blog Ranking
前ページ | HOME |
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。